自存する神・依存する人 (4)

神は自存する方ですが、私たち人間は神に依存する存在です。詩篇の著者は、私たちがどのような者であるかをしっかりと思い起こすように、このような言葉を私たちに与えています。 「知れ。主こそ神。主が、私たちを造られた。私たちは主のもの、主の民、その牧場の羊である。」 詩篇100:3...

自存する神・依存する人 (3)

神が自存する方であり、被造物はすべてこの神に依存するということを私たちはどのように知ることができるのでしょう。神はこのことを具体的に二つの方法で私たちに示してくれています。 ー被造物を通してー 神は世界を創造された時、その素晴らしい知恵と力ゆえに、造られたものすべてが神を明示すように造られました。被造物は、神がどのような方であるのかをすべての人に明らかにしているのです。次のみことばはこの事実を私たちに明確に示します。...

自存する神・依存する人 (2)

神が完全に自存の神であるとするならば、私たちは同時に被造物が完全に神に依存するものであることを認めなければなりません。聖書は、「神は、すべての人に、いのちと息と万物とをお与えになった方だからです」(使徒17:25)と告げ、「御子は、万物よりも先に存在し、万物は御子にあって成り立っています」(コロサイ1:17)と教えています。これらの箇所が私たちに教えることは、被造物は神なしでは一瞬たりとも存在することのできないということなのです。...