Resource Center

line__0000s_0106_noteBlog Posts

愛する者の姿2

たとえどんなすばらしい霊的な賜物であっても、愛がなくては何の益にもならないことをパウロはコリント第一の手紙13章で教えています。聖書が教える愛とは単なる感情や概念ではありません。具体的な形で私たちの生活に見て取ることができるものです。パウロはその姿を私たちに提示してくれるのです。クリスチャンが持つべき愛とはどのようなものでしょう。パウロの言葉に耳を傾けていきましょう。 愛は寛容である...

愛する者の姿

愛のある風景 聖書的な愛を実践することは、私たちにとって容易なことではありません。それは、私たちがこれまで経験してきた愛と、聖書が求めている愛との間にあまりにも大きな違いがあるからです。 日常の生活の中で私たちが見聞きしている愛は、私たちのうちから出てきたもので、利己的で、自己完結的な愛です。しかし聖書が実践しなさいと命じている愛は、私たちから出たものではなく、神から発したもので、聖霊の実として私たちの生涯に実るものなのです(ガラテヤ 5:22)。 聖書がはっきりと私たちに教えることは、救いのないところに神が喜ぶ...

天国への道 [part 3]

多くの人たちが天国に行く確信を持ちながら「滅びに至る」大きな門から入っていく中で、イエスは自らが示す「狭い門」から入りなさいと命じます。この狭い門がどのような門なのかを私たちが正しく理解できるように、主は私たちにその説明を与えるのです。...

自己愛という非聖書的教え

近年、多くのキリスト教会で語られるメッセージの中で「自分を愛することが必要である」ということが語られています。しかし、聖書には「自分を愛しなさい」という命令は出てきません。ではどうして神がこのような命令をしているかのように教えられているのでしょう?聖書は自己愛に関して何を教えているのでしょう?...

クリスチャンと礼拝(5)—礼拝と教会—

ヨハネの福音書4章にでてくるイエスとサマリヤの女との対話の中で、イエスはこの女が持っていた礼拝観に異議を唱えました。そこで語られたイエスの言葉は、私たちの持っている礼拝観を吟味させるものです。私たちの多くは、礼拝というものが定められたときに、定められた場所で、ある特定の方法を持って行われるべきであるという考えを持っています。しかしイエスが答えの中に、私たちは「礼拝とは、特定の場所、時、形式に制限されるものではない」という真理を見出すことができます。ここで私たちは特に、礼拝の場所という点に焦点を当てて考えていきたいと思います。...

クリスチャンと礼拝(4)ー礼拝と神の聖さー

私たちは神の属性を考えるときそれらを礼拝と切り離して考えるべきではありません。マッカーサー博士はこのことを5章と6章でまとめてきました。神がどのような方であるかを正しく理解するとき、その知識は私たちを礼拝へと導くのです。たくさん挙げることができる神の属性の中でも、最も重要と言える属性は神の聖さです。マッカーサー師は次のように述べています。...