平安に満ちた生涯を送るために19

平安に満ちた生涯を送るために19

パウロはピリピ4:8で「心を留めなさい」という言葉を使うことを通して、私たちに「しっかり考える事」を要求します。それは私たちの生涯に起こるあらゆる事を聖書的視点に基づいて正しく評価することが、平安に満ちた生涯を生きるために必要不可欠なことだからです。前回の投稿にも記したように、「どのように考えるのか」が「どのように生きるのか」を決めます。それゆえにパウロはここで現在形の動詞を使って、継続的にしっかりと考える事を命じているのです。...
平安に満ちた生涯を送るために18

平安に満ちた生涯を送るために18

一時的な喜びや満足を持つことは誰もが経験することですが、継続的な喜びや満足を得ていると断言する人はあまり多くないでしょう。どのような状況にあっても「私は不安がありません」と宣言することができる人は非常にまれかもしれません。しかし、神が与える平安は私たちの心を守るものであり、それは周りの状況に支配されることなく与えられるものです。ですから、クリスチャンはこのような継続的な喜びや平安を自らの生涯に見いだすことができるはずです。...
平安に満ちた生涯を送るために17

平安に満ちた生涯を送るために17

神は私たちに平安を与えることを約束しています。私たちはこのことをピリピ4:7から詳しく考えて来ました。この約束を確かに受けるために私たちはいくつかの事柄をしっかりと理解しておく必要がありました。それらは平安が与えられる理由を理解することであり、平安の源がどこにあるのかを理解することであり、平安の性質がどのようなものなのかを理解することでした。最後にもう一つ私たちが理解しなければならないことをこの節は教えてくれています。それは平安の効果がなんであるのかを理解することです。 平安の効果を理解する...
平安に満ちた生涯を送るために15

平安に満ちた生涯を送るために15

主は常にご自身の栄光とご自身の民の最善のためにあらゆる事柄を行っています。私たちはこの神の計画のすばらしさを充分に理解していないので、最善が行われていないと考え、神のなしていることに疑念を抱きます。自分の思っている良いことの方が主の計画よりも良いものであると勘違いして、置かれている状況に対して不満を抱き、満足を得ることができずに生活するのです。しかし、私たちはパウロの言葉に耳を傾け、神の計画のすばらしさをどのような状況の中にあっても認めることを学ばなければなりません。パウロは次のように告げます。...