『死にゆく教会が辿る六つの過程』–パート6–

『死にゆく教会が辿る六つの過程』–パート6–

第三段階: 怒り 痛み止めをどれだけ飲んだとしても痛みの原因となる疾患を治療しなければ体調が改善しないのと同じように、間違った方法で問題の解決に務めたとしても、そこには本当の意味での解決を見ることはできません。みことばが提示する本来あるべき教会の姿から離れてしまった教会が、悪い流れを変えようと安易な手段に手を伸ばすとき、そこにはさらなる混乱が待っています。うまくいかないことへの苛立ちは、教会が衰退していくことへの落胆と不安から、怒りへと人々の感情を動かしていくのです。...
『死にゆく教会の辿る六つの過程』–パート4–

『死にゆく教会の辿る六つの過程』–パート4–

注)この記事は「第一段階:否認」の三つ目の否認の例です。一つ目の例である伝道の働きに関する否認はこちらを二つ目の例である教会員の罪に関する否認はこちらをご覧ください。 牧師の資質に関する否認 死にゆく教会が持つ否認という特徴は、牧師の資質に関する否認という形で現れることがあります。こうした教会は医師免許を持っていない院長のいる病院に例えることができます。医師の資格を持っていないことが分からないうちは、一定の知識と人望があれば人が集まってくるでしょう。しかし、ひとたび無免許であることが発覚すれば、そこにやって来る人はいなくなります。...