使徒たちが語った福音は「世界中を騒がす(別訳:ひっくり返す・ごちゃごちゃにする)」メッセージでした。彼らが語った福音は、確かに人に救いをもたらすメッセージでしたが、同時に多くの人々に敵意を抱かせるメッセージでもありました。それはパウロを代表とする使徒たちや初代教会の信徒たちの迫害を見れば明らかです。ではなぜ福音のメッセージは人々に敵意を抱かせたのでしょう?それはこのメッセージが、キリストだけが唯一まことの神であるがゆえに、それ以外のありとあらゆる神々と呼ばれるものを否定するメッセージであり、全ての人が例外なく罪人であり、罪の罰を受けるにふさわしい、神の怒りの対象であることを告げるメッセージであるからです。パウロはこのことを福音を要約する「キリストは私たちの罪のために死なれたこと」という言葉によって告げてきました。

しかし、福音のメッセージはキリストの死で終わるメッセージではありません。それゆえに1コリント15:4から、キリストが葬られたことと復活されたことについて言及していきます。復活のない福音は、福音ではありません。キリストの復活を信じることなく、福音のメッセージを信じることはできません。現代に生きる日本人は、アテネの人々と同じようにあざ笑い、ばかげた話だと考えるかもしれませんが、主が復活されたという事実は、福音の根幹をなす、決して外すことのできない真理なのです。

パウロは4節の冒頭で「また、葬られたこと」と告げます。ここでパウロは死の結果として、また次に起こる復活の前触れとして起こった出来事について言及しています。詩篇16:10に記されているように、聖書は「まことに、あなたは、私のたましいをよみに捨ておかず、あなたの聖徒に墓の穴をお見せにはなりません。」と教えます。ペテロはこの詩篇を引用して次のように告げました。

あなたがたは、神の定めた計画と神の予知とによって引き渡されたこの方を、不法な者の手によって十字架につけて殺しました。しかし神は、この方を死の苦しみから解き放って、よみがえらせました。この方が死につながれていることなど、ありえないからです。ダビデはこの方について、こう言っています。「私はいつも、自分の目の前に主を見ていた。主は、私が動かされないように、私の右におられるからである。それゆえ、私の心は楽しみ、私の舌は大いに喜んだ。さらに私の肉体も望みの中に安らう。あなたは私のたましいをハデスに捨てて置かず、あなたの聖者が朽ち果てるのをお許しにならないからである。あなたは、私にいのちの道を知らせ、御顔を示して、私を喜びで満たしてくださる。」兄弟たち。先祖ダビデについては、私はあなたがたに、確信をもって言うことができます。彼は死んで葬られ、その墓は今日まで私たちのところにあります。彼は預言者でしたから、神が彼の子孫のひとりを彼の王位に着かせると誓って言われたことを知っていたのです。それで後のことを予見して、キリストの復活について、「彼はハデスに捨てて置かれず、その肉体は朽ち果てない。」と語ったのです。神はこのイエスをよみがえらせました。私たちはみな、そのことの証人です。(使徒2:23–32)

「葬られる」ということは、キリストの死が確かな死であったことの証明です。これまで人として生きられた方の死なのです。しかし、同時にこれは死で終わるものではないことの証でもあります。そのことをパウロの言葉からはっきりと見て取ることができます。

パウロは「三日目によみがえられたこと」を次に挙げています。復活がここで記されているのです。福音のメッセージで多くの場合に欠落するのがこの復活のメッセージです。しかし、復活がなければ福音が成立しないことを私たちはしっかりと覚えていなければいけません。ペテロはキリストの復活と私たちの新生を関連づけて「神は、ご自分の大きなあわれみのゆえに、イエス・キリストが死者の中からよみがえられたことによって、私たちを新しく生まれさせて、生ける望みを持つようにしてくださいました。」(Ⅰペテロ1:3)と言います。キリストが復活されたことによって持たれた復活のいのちが、私たちの持つ新しいいのちの起源となっているのです。パウロは「罪過の中に死んでいたこの私たちをキリストとともに生かし、・・あなたがたが救われたのは、ただ恵みによるのです。・・キリスト・イエスにおいて、ともによみがえらせ、ともに天の所にすわらせてくださいました。」(エペソ2:5–6)と言って、私たちが救いを得ることによって、キリストの復活に預かる者となったことを告げます。そしてその復活の力を私たちが知り続け(ピリピ3:10)、死者の中からよみがえった者として生きることによって、罪に支配されることがないというすばらしい祝福を得ているのことを教えるのです(ローマ6:14)。

さらに、キリストの復活は私たちの義認を保証します。パウロは「主イエスは、私たちの罪のために死に渡され、私たちが義と認められるために、よみがえられたからです。」(ローマ4:25)と言って、復活の目的が私たちの義認にあることを教えています。キリストの復活を通して、神は贖いの業を受け入れたことを宣言されたのです。復活は、これ以上人が義と認められるために行わなければならないことが何もないことの宣言なのです。

またキリストの復活はやがて起こる私たちの肉体的復活を予兆しています。パウロはこのように告げています。

もし、死者がよみがえらないのなら、キリストもよみがえらなかったでしょう。そして、もしキリストがよみがえらなかったのなら、あなたがたの信仰はむなしく、あなたがたは今もなお、自分の罪の中にいるのです。そうだったら、キリストにあって眠った者たちは、滅んでしまったのです。もし、私たちがこの世にあってキリストに単なる希望を置いているだけなら、私たちは、すべての人の中で一番哀れな者です。しかし、今やキリストは、眠った者の初穂として死者の中からよみがえられました。というのは、死がひとりの人を通して来たように、死者の復活もひとりの人を通して来たからです。すなわち、アダムにあってすべての人が死んでいるように、キリストによってすべての人が生かされるからです。しかし、おのおのにその順番があります。まず初穂であるキリスト、次にキリストの再臨のときキリストに属している者です。(Ⅰコリント15:16–23)

クリスチャンが持つ大きな希望は、いつの日か完全に罪の束縛から解放され、永遠を神の賛美に費やすことができるということです。その保証こそがキリストの復活にあるのです。パウロは復活に関して教えているこの章の最後にこう言っています。

聞きなさい。私はあなたがたに奥義を告げましょう。私たちはみなが眠ってしまうのではなく、みな変えられるのです。終わりのラッパとともに、たちまち、一瞬のうちにです。ラッパが鳴ると、死者は朽ちないものによみがえり、私たちは変えられるのです。朽ちるものは、必ず朽ちないものを着なければならず、死ぬものは、必ず不死を着なければならないからです。しかし、朽ちるものが朽ちないものを着、死ぬものが不死を着るとき、「死は勝利にのまれた。」としるされている、みことばが実現します。「死よ。おまえの勝利はどこにあるのか。死よ。おまえのとげはどこにあるのか。」死のとげは罪であり、罪の力は律法です。しかし、神に感謝すべきです。神は、私たちの主イエス・キリストによって、私たちに勝利を与えてくださいました。ですから、私の愛する兄弟たちよ。堅く立って、動かされることなく、いつも主のわざに励みなさい。あなたがたは自分たちの労苦が、主にあってむだでないことを知っているのですから。(Ⅰコリント15:51–58)

キリストの復活は私たちの新生と救いの保証であり、永遠の希望です。これは私たちに絶えることのない感謝をもたらし、神のために仕える意欲を生み出すのです。多くの場合に私たちは十字架で死なれたキリストに焦点を当てています。しかし、私たちが信じるのは死んだキリストではありません。パッカー師は次のように記しています。

新約聖書が要求していることは、キリストご自身に対する、ご自身への、ご自身にかかる信仰である—それは私たちの罪のために死なれた生ける救い主に、私たちの信頼を置くことである。このように厳密に言えば。救いをもたらす信仰の対象は、贖罪ではなく、贖罪をなされた主イエス・キリストなのである・・・キリストの死の恩恵が与えられる人は、まさにキリストご自身を信頼し、単にキリストの救済的死ばかりではなく、彼ご自身、生ける救い主その方を信じる人々だからである[1]。

まさにここでパッカー師が告げることを教えるために、パウロは5節から8節の言葉を付け加えているのです。パウロが福音として伝えたことの最後に登場するのが、この復活の目撃者に関する記事です。これはキリストが単なる霊として復活したのでも、幻として現れたのでもなく、実際に復活されたことを明らかにする証言です。キリストはよみがえられ、その状態で今も生き続けておられるのです。パウロは次のように言葉を続けています。

私は使徒の中では最も小さい者であって、使徒と呼ばれる価値のない者です。なぜなら、私は神の教会を迫害したからです。ところが、神の恵みによって、私は今の私になりました。そして、私に対するこの神の恵みは、むだにはならず、私はほかのすべての使徒たちよりも多く働きました。しかし、それは私ではなく、私にある神の恵みです。そういうわけですから、私にせよ、ほかの人たちにせよ、私たちはこのように宣べ伝えているのであり、あなたがたはこのように信じたのです。Ⅰコリント15:9–11

復活はおとぎ話ではありません。パウロは次のように告げます。

「もし、死者がよみがえらないのなら、キリストもよみがえらなかったでしょう。そして、もしキリストがよみがえらなかったのなら、あなたがたの信仰はむなしく、あなたがたは今もなお、自分の罪の中にいるのです。そうだったら、キリストにあって眠った者たちは、滅んでしまったのです。もし、私たちがこの世に合ってキリストに単なる希望を置いているだけなら、私たちは、全ての人の中で一番哀れな者です。」(1コリント15:16–19

キリストがよみがえらなければ、私たちの罪の赦しはなく、私たちは未だに罪の中にあり、神の怒りの対象として永遠の裁きを受ける存在でしかありません。キリストに希望を抱いたとしても、その希望は確証のない、いやむしろむなしい妄信でしかないがゆえに、あらゆる人たちの中で最も哀れな者なのです。しかし、聖書ははっきりと私たちにキリストの復活を教えています。復活の目撃者たちは、この復活の主を大胆に宣べ伝えました。そのメッセージは「世界中を騒がす」メッセージだったのです。

生けるキリストはパウロやほかの弟子たちを変えました。イエスを捨て、恐れ逃げ惑っていた弟子たちは、復活の主によって、大胆に恐れることなく福音の宣べ伝える者へと変わっていきました。この福音によってもたらされる恵みは、明確に人々の生涯に変化をもたらせます。それは私たちの生涯にも必ず、確実に現れるものです。これがパウロが伝えていた福音です。私たちはこの福音を述べ伝えなければならないのです。

——————————————–

[1]パッカー、73頁。