イエスが教えた祈り (4)

イエスが教えた祈り (4)

天国民はどのように祈るべきなのでしょう。同じ言葉を繰り返し、意味の無い祈りを捧げるのではなく、主が心から喜んで聞いてくださる祈りを捧げるために私たちは何を願っていくべきなのでしょう。その答えをイエスはマタイ6:9–13で一つの例を挙げて示してくれています。それが一般的に「主の祈り」として知られている祈りです。偽善者たちの間違った行動について語っている文脈の中で、イエスはいったんその主題を横に置いて、祈りに関する大切な教えをなしているのです[1]。...