聖書が教える子どもの責任

エペソの手紙6章1節でパウロは、「子どもたちよ。主にあって両親に従いなさい。こ れは正しいことだからです。」と教えています。ここで使われている「子どもたち」という単語は、子ども全般を指す言葉で、誰でも親の責任または保護の下にある者に、親に従うという責任があることを教えています。エペソ5:21の「互いに従いなさい」という命令は神に喜ばれる家族関係の原点にある原則ですが、特に子どもたちは親に従うということを直接的に命じられているのです。...