主観的に聖書を読む危険

「多くのクリスチャンは神秘主義的な聖書の読み方をしています。感情的な応答をすることが必ずしも間違っているわけではありませんが、主観的な読み方では正しい解釈にたどり着かないことを覚えていなければなりません。『神が語ってくださった』という前に、本当に神がそのことをその箇所で教えているかどうかを私たちの知性を用いて、しっかりと考えなければならないのです。」これは日本聖書学院の解釈学のテキストに出てくる一文です。...